top of page

Observing Variation:

in Sliced Loin Hams

差異の観​スライスロースハム群

​2023年10月

Observing Variation(差異の観測) は, 元は生物であった加工食肉から“生物の痕跡”を取り出し, 観察するプロジェクト。制作を通して発見した事柄を記録し, 展示や本サイトを通して公開している。

本作『Observing Variation: in Sliced Loin Hams』は, スライスハムを被写体に制作した作品群である。スライスハムは均一な製造/加工プロセスを経て, 正円に近いカタチをした匿名的な存在として人々の食生活に溶け込んでいる。スライスハム特有の製造工程や, 物質性, そして1枚1枚の微かな差異に注目し, 均質化されたハムに潜在する “生物の痕跡”を顕在化させ、オーディオビジュアルインスタレーションで展開している。

協力:情報科学芸術大学院大学(IAMAS)

​Special Thanks:カワイタケシ / 美濃祐輝 / 山岸奏大

DSC03200.jpg

記録写真:『"Observing Variation: in Sliced Loin Hams" 差異の観測: スライスロースハム群』岐阜県大垣市ワークショップ24 5階 (2023年10月)

hum_pkg_28_edited_edited_edited_edited_edited.jpg

被写体:朝のフレッシュロースハム(標準4枚入)
ロースハムは日本で生まれた日本特有のハムで
, 「豚のロース(背中)」を丸く整形し, スライス, パッキングした加工食品。スライスされた断面から, 生物が持つ固有性(筋繊維など)を観察できる。スライスハムの原材料である豚肉の輸入国は各地に渡るが, 日本の工場で, 均一な製造/加工プロセスを経て, 生産されるため地域などの固有性のほとんどが薄まり, 差異の少ない匿名的な存在へと変化する。2つの手法を通して, ハムの微かな個体差を抽出し, 広がりを与え, “生物の痕跡”とその多様性を表現する。また, 本モチーフは, 生産・販売数が国内最多であることから, 最も親しみのあるハムともいえる。

近年, 代替肉の進歩, フードプリンターの登場, ヴィーガン(Vegan)の増加, など, 食肉に関する情報をよく目にするようになった。特に加工食肉を取り巻く環境は, 社会状況や, 技術進歩によって日々変動しており, また生命と食品を取り扱う以上とても繊細である。作者自身は, ヴィーガン(Vegan)、肉恐怖症(carnophobia)など加工食肉に対して身近な問題を抱えていないため, かなり鈍感な方であった。そんな鈍感さが「ハムをスキャンする」という行為にいたり, 映像作品が生まれた。作品発表した際, 鑑賞者一人一人から芽生える加工食肉に対しての意識が想像を超えて, 敏感であり, 多様であることを目の当たりにした。この出来事は, 加工食肉の問題についていかに真剣に応答するか注意深く考えさせ, 制作態度を改めるきっかけとなった。

ハムを被写体に制作を続けていると「なぜ貴方が加工食肉を主題にするのか」と非常によく問われる。加工食肉と因縁の関係でない作者が, ハムを被写体にすることは難しいのだろうか。作者と同様に, 加工食肉の問題を知りながら一消費者として摂取している立場の人は少なくないのではないだろうか。問いは“無関係な私”という存在を浮きぼりにさせ, 加工食肉との親密さを求められているような居心地の悪さを感じさせた。その一方で反抗心を燃やし, 制作意欲を増幅させる。加工食肉との関係の浅さは, 加工食肉への思想が未確立で空白に近いことから, 常にフラットな視点で加工食肉を捉えることが可能だった。被写体とこうした距離感で作品制作し, 発表していくことで, 多角的な解釈が可能な場を生み出すことを実践している。そのため制作手法では, タイポロジーフォトグラフィーの手法を参照しながら, 記録的で主観の排除を徹底して行う。狩猟見学や工場見学など知見を更新していくたびに大きな影響を受ける自身のゆらぎと向き合いながらも, フラットな提示のあり方を模索していきたい。

DSC02983.jpg
DSC02948.jpg
DSC03064.jpg
DSC03117.jpg
DSC03035.jpg

手法1「 スキャン + 連続表示 」

手法2「 加熱  + 形状変化 」

スクリーンショット 2023-12-12 4.13.19.jpg
スクリーンショット 2023-12-12 4.12.47.jpg

「“生物の痕跡”」とは 本来生物として持っていた筋繊維などの固有の特性

口頭発表.039.jpeg

「“生物の痕跡”」を観察することでみえてきた「“加工の痕跡”」

「“加工の痕跡”」とは 均一な製造プロセスで後から付与された加工による特有の性質

口頭発表.040.jpeg

 「“生物の痕跡”」「“加工の痕跡”」は, 乖離した特性ではなく混ざり溶け込んでいる。

両者が融合した特性

口頭発表.041.jpeg
bottom of page